ワキガ手術

サイトマップ

ワキガ手術の種類です

ワキガ手術にはどんな種類があるのでしょうか。
ワキガ手術といえば昔は原因部分を切除する方法が多かったようです。
ワキガの手術法に切除法というものがあります。
昔は主流の方法でしたが、現在では難点が多いことからあまり行なわれません。
ワキガ手術には削除法というものもあります。
皮膚の一部を切り取り、切り取った部分に特殊な器具を挿入します。
削除法は皮膚の下の組織から汗腺と皮脂腺とを取り除く手術法で、傷跡が小さくすみますが、皮膚が薄くなったりすることがあります。
皮膚も皮下組織もいっぺんに取ってしまう切除法とはことなり、剪除法は皮膚を取らずに汗腺と皮脂腺を取り除きます。
直接目でアポクリン腺を確認しながら行う手術です。
ワキガ手術の中でも最も効果が高いといわれているようです。
吸引法はわきを数ミリ切開して器具を挿入し汗腺を吸引するというものです。
吸引法では、医師が汗腺が残っていないかを目で確認することができないため、完全に除去できたかの判定ができません。
最先端の技術として注目されているワキガの手術方法に超音波法と呼ばれているものがあります。
超音波を出す器具を使い、ワキガの原因となっている汗腺を破壊し、それから体外に吸い出してしまうのが超音波法です。
さまざまな手術の方法がありますので、施術を行なってくれる医院において事前のカウンセリングをしっかりと受けるようにしましょう。

「車間の売りで大切なことがあるのです」について

車を売却するなら、手順を踏んで行いましょう。

Copyright © 車間の売りで大切なことがあるのです. All rights reserved